ファイナンシャル・ヘルスケア研究所のご案内

当研究所は、主に日々地域医療に貢献されている医師、歯科医師、看護師や薬剤師等の医療専門職の方々やクリニック・病院等の医療機関をサポートするために、コンサルティング・サービスの提供を開始しいたしました。近年日本は、急速に進む少子高齢化や増大する財政赤字のために社会保障制度の持続可能性が急激に低下しています。このような状況に対応するために、今後も政府は税金や社会保険料等の負担を上げざるを得ません。その結果、将来皆さんのご負担はますます拡大していくものと予測されています。さらには、政府の膨大な財政赤字のために、政府が皆さんに提供できる年金、医療や介護等の社会保障のサービスが限定的になりつつあります。そのために、皆さんは今後ますます自助努力をすることが求められていきます。

我が国において医療産業は、医療技術の進歩と高齢化により今後の成長産業と考えられています。しかしながら、近年日本の社会保障制度の中で医療費は、毎年増加して医療財政を逼迫しつつあり、医療の効率化が叫ばれています。当研究所では、今後の政府の医療政策の動向を分析し、より良い医療の在り方を考察していきたいと考えています。今後日本の医療を取り巻く環境は、年々厳しくなっていくものと予測されています。さらには、医療の技術・手法や薬品は日々進歩して専門領域も多様化しつつあり、医療情報は日々増大しています。そのために、医療の専門職の方々は継続的に医療知識を学習することや医療技術等のスキル・アップが益々求められています。そのように多忙な方々をサポートする為にコンサルティング・サービスを提供しています。


当研究所の理念

当研究所は、下記の理念に基づきサービスを提供いたします。

- お客様に誠実に向き合い、お客様の立場に立ったサービスを提供します。
- プロフェショナルとして質の高いサービスを提供します。
- 地域に密着したサービスを提供して、社会に貢献することを目指します。


当研究所の業務内容

当研究所は、下記の業務を行っています。

* ファイナンシャル・ヘルスケアの調査・研究
* ファイナンシャル・ヘルスケア(FHC)・サービス
* クリニックや病院向けFHCサービス
* ファイナンシャル・プランニング(FP)・サービス
* クリニックや病院向けの包括的なFPサービス
* アセット・デザイン(ポートフォリオの作成等)
* iDeCo(イデコ)やつみたてNISA等の導入とサポート・サービス
* 金融危機管理サービス
* 総合資産管理サービス
* 金融リタラシー向上の為の啓蒙活動


当研究所のサービス

近年日本の将来不安もあり、個人のファイナンシャル・プランニング・サービスに対するニーズが高まっています。ファイナンシャル・プランニング(FP)は、ライフプラン、金融資産運用設計、リスクと保険、年金、教育資金、住宅取得・不動産投資や相続の分野を包括的に扱っており、ファイナンシャル・プランナーは、米国ではマネー・ホームドクターとして社会的な評価も高く活躍しています。当研究所は、皆さんの金融のホームドクターとしてファイナンシャル・ヘルスケアのサービスの提供を始めました。

また、当研究所は、特にライフプランと資産運用設計をデザインという観点から下記のように再定義して、より質の高いコンサルティング・サービスを提供することに致しました。

ライフデザインとは、単なるライフプラン(生活設計)ではなく将来のキャリアプランやセカンドライフを考慮して、現在や将来の不安に向き合い、夢と目標を持ち前向きに人生を設計(デザイン)をしていくことです。環境変化に伴いライフデザインを見直し、シミュレーションを行うことによって、皆さんの将来の夢や目標を実現する可能性を高めることができます。当研究所は、皆さんの夢や希望を実現できるようにサポートしていきたいと考えています。

アセットデザインとは、単にポートフォリオ(資産の組合せ)を構築することではなく、近年のグローバル・マーケット(世界の経済・金融市場)の不確実性の増大と変動の激しさに対応して、リスク管理に重点を置きグローバルな視野に立った資産設計をして、戦略的に資産配分を行うことです。当研究所は、皆さんのライフデザインやリスク許容度に基づいてアセットデザインを行います。投資や資産運用は未来と向き合うことであり、複雑で奥が深く十分な知識と経験が必要です。近年金融情報は膨大になっており、適切な情報の取捨選択が必要であり、的確な情報分析にも十分な時間をかける必要があります。当研究所は、多忙な皆さんの貴重な時間を節約し、資産管理シートを活用して皆さんが適切な資産形成・資産活用を行い、将来の夢や目標を実現できるように長期的なサポートを行います。


事業開始の動機

当研究所の代表(プロフィール参照)がこの事業を開始するに至った動機は、米国のビジネス・スクールを卒業して世界の有力金融機関に勤務し幅広い金融知識や経験を得て実績を残したことと、大手病院で財務顧問・顧問として医療業界における医師、看護師や薬剤師等の医療専門職の方々の実情を知り、多忙な医療専門職の皆さんのお役に立ちたいと考えるようになったこと、及び臨床医療の国際交流に少しでも貢献できればと考えたためです。日々真面目に患者に向き合い献身的な努力をしている医療従事者の皆さんが、自分の将来の夢や目標を達成できるように、当研究所は積極的にサポートしていきたいと考えています。




ファイナンシャル・ヘルスケア研究所のサービス内容・料金



Eメールによるお問合わせ方法のご案内

お問合わせフォーム

fhc.nimura[at]gmail.com

052-836-2221



▲このページのトップへ