ライフ・デザイン

ライフデザインとは、単なるライフプラン(生活設計)ではなく将来のキャリアプランやセカンドライフを考慮して、将来の不安に向き合い前向きに人生を設計していくことです。近年医療技術の進歩や健康管理によって、平均余命は益々長くなり90才を超えて長生きされる方々が増えています(女性の場合は90才を超えて長生きする確率は約50%あります)。しかしながら、現在皆さんの老後を支える年金制度の持続可能性に疑問符がついています。今後皆さんは、将来の老後に備えるために、相当な自助努力をする必要があります。その時までに十分な資産形成ができれば、老後の選択氏が拡がります。例えば、悠々自適の生活、地域ボランティア、海外のロングステイ、海外の医療ボランティア等様々な選択肢が可能です。

近年医療業界において専門分野は年々拡大して、キャリア・パスはますます多様化しています。医療専門職の方々は、継続的な医療知識のブラッシュ・アップと医療技術のスキル・アップが求められています。そうすることによって、ご自分の価値を高めるとともに地域の患者の皆さんにより質の高い医療サービスを提供することが可能になります。そのように多忙な皆さんのために、当研究所は、皆さんの将来の不安を解消するためのライフデザインのコンサルティング・サービスを提供しています。


今後の医療業界

我が国において今後10年から20年の間、高齢化や医療技術の進展により医療産業の成長が予測されており、今後医療に従事される方々の数は着実に増えていくと思われます。しかしながら、近年国の膨大な財政赤字や医療財政の悪化により、将来の医療財政の行方は極めて不透明になりつつあります。何故なら、将来の増税や社会保険料の値上げには限界があるためです。さらには、少子高齢化により今後20年から30年の間に患者の数が相当に減少することが予測されています。国立社会保障・人口問題研究所によれば、約30年後には日本の人口は1億人を切り、約3千万人減少すると推計しています。このような将来の不安に備えるために、皆さんには今からライフデザイン(前向きな将来設計・人生設計)を行い、定期的な見直しをすることによって、より良い未来を実現することをお薦めします。


ライフデザインのプロセス

当研究所のライフデザインは、キャッシュフロー表を利用してお客様の夢や目標の実現可能性を判断し、お客様の不安を解消する改善策のコンサルティングを行います。ライフデザインのプロセスは下記の通りです。

  • ステップ1: お客様の夢と目標の確認とデータの収集
  • ステップ2: 現状分析とキャッシュフロー表の作成
  • ステップ3: 問題点と改善策の検討
  • ステップ4: 改善策に基づいたキャッシュフロー表の作成
  • ステップ5: アセットデザイン(資産設計)  *オプション
  • ステップ6: プランの実行サポート
  • ステップ7: 定期的なのライフデザインの見直し

コンサルタントの役割:

お客様のサービスの満足度を上げるために当研究所のコンサルタントは、三つの役割を兼ねることを目指しています。一つめは、カウンセラーの役割です。お客様の悩みや不安そして将来の夢や目標お聞きして、心理的なサポートを行います。二つめは、アドバイザーの役割です。お客様の財務上の問題を分析して解決に導くアドバイスを行います。三つめは、コーチング(啓蒙や指導)の役割です。お客様の投資の知識や経験とリスク許容度を踏まえ、行動ファイナンス理論に基づいた適切な資産運用のコーチングを行いたいと考えています。


ライフデザインの料金

ライフデザインのコンサルティングは、基本的に3回の面談とキャッシュフロー表の作成費用を含みます。相談内容により二つのコースを用意しています。なお、ライフデザインのスポットの相談もお受けしています。

スタンダードコース30,000円   /   件(消費税別)
プレミアムコース50,000円   /   件(消費税別)
スポット相談12,000円   /時間(消費税別)

また、大学教授、経験豊かな現役の医師、薬剤師や看護師による特別相談コースも設けています。詳細はお問い合わせください。


ファイナンシャル・ヘルスケア研究所のサービス内容・料金



Eメールによるお問合わせ方法のご案内

お問合わせフォーム

fhc.nimura[at]gmail.com

052-836-2221



▲このページのトップへ